スポーツのケガによる接骨院での膝の治療体験

私が、最初に接骨院へ通った理由ですが、高校生の頃にラグビーというスポーツをやっておりました。皆様もご存知かと思いますがラグビーというスポーツは非常にケガが多いです。

ケガの治療の目的と激しい練習による身体の疲労回復にお勧めだ、ということを周りのコーチや友達に話を聞き接骨院へ行ってみました。最初に行った際は膝の痛みの治療で訪問しました。

最初に行った時、特に接骨院の場合ですが針による治療も行っている接骨院でしたので、その効果に驚きました。

私の膝のケガはじん帯と呼ばれる筋繊維が伸びてしまうというケガでした。

どのような症状かというと輪ゴムが新品で反発性があったものが急激にすごく緩くなってしまったと想像していただくのが良いかと思います。これにより膝の筋肉を支えることが出来なくなり、膝が曲がらなかったりするというものです。(実際に起き上ったりすることも億劫になります)

針の治療により筋繊維を刺激することで膝の筋肉を動かし、少しづつですが解消することが出来るようになりました。

膝のじん帯の怪我はスポーツをやっている方に多くまた、その種類も多いです。

全回復するのに長期間を要することが多いですが根気よく治療をすることで100%元の状態に戻ります。是非頑張ってください!