腱鞘炎の時に接骨院に行って思った事

初めて出産をし、首のすわっていない赤ちゃんを抱っこし慣れていない事もあってか、普段力をかけていない場所に負担がかかったようで手首が痛くなり腱鞘炎に、抱っこをするのが苦痛になっていました。

また、立って抱っこをし、膝を使って揺らしていたら、膝の痛みも出てきました。このままでは、育児に支障が出ると思い、接骨院に毎週通っていました。

電気やマッサージを受けている最中は気持ち良く、軽減されているように感じますが、結局、抱っこすると痛みが出てきていました。

手につける腱鞘炎サポーターをつけていた方が抱っこ中の痛みの苦痛を和らげてくれていたように思います。

しかし、しばし、赤ちゃんと離れて接骨院に通う時間は、自分自身の気分転換の時間となっていたようで、そういった部分でも行って良かったと思いました。

自分の腕が痛くては、育児も上手く出来ないストレスも多かったように思います。

痛み出して放っておいてもよくならないので、早めに接骨院に通ったり、サポーターを買ったり、任せられる方がいるのであれば、その方に手を使う作業を代わりにしてもらったりして、痛みが出やすい時期をうまく乗り越えて下さいね。お大事に。